お問い合わせ

 

■■■ 7月発行のメールマガジンをご紹介しています。■■■

 

*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*._.:*~*:._.:*
NPO法人 ギビング・ハンズ
定 期 メ ル マ ガ vol.1 

*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*._.:*~*:._.:*

 

ギビング・ハンズの支援者の皆様、およびイベントにご参加の皆様へ

ギビング・ハンズの小林です。

このメールはBCCメールでお送りしています。

配信停止を希望の方はお手数ですが、
「配信停止」と書いて返信くだされば名簿から外します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんにちは! ギビング・ハンズ 初のメルマガはインド発です。

7月だというのに、日本では温暖化の影響なのか、真夏のような日々が続いているよう
ですね。大企業では、CO2削減が課せられエアコンの温度を上げて仕事をしていると
聞いています。インドにいると40℃を超える暑さのなかでも、エアコンなしで平気で
過ごせるのですが、日本での30℃以上は、まさに灼熱のように感じるのですから、
人間の感覚って、意識次第ですよね。

さて、先日はNPO法人ギビング・ハンズのビッグイベント『チャリティ インド・
ナイト』が6月20日(金)に開催されました。もしかしたらこのメルマガをお読みの
何人かの方は、このイベントを通じ、こちらのメールの配信を受けていらっしゃるかも
しれませんね。

ではさっそくインド・ナイトの模様等もTOPICSの中でご紹介しましょう!

☆☆☆TOPICS☆☆☆
【1】『チャリティ インド・ナイト』in クワトロ・エス・プラス活動報告
【2】ギビング・ハンズ ~ホットなプロジェクトご紹介!~
【3】代表 ~今回の渡印報告~
【4】こちらギビング・ハンズ事務局 ~翻訳 その他ご協力できる方、募集中~

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】◆『チャリティ インド・ナイト』活動報告!◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この企画が決まったのが、開催日の1ヶ月前。それも主催者であるギビング・ハンズの
代表であるわたしが、インド出張からもどる2日後に予定されていたイベントでした。

会場提供者クワトロのオーナーから、イベント1週間前に人数確認の心配があったほど、
参加者が集まるかどうか懸念されていました。しかし、当日は予測をはるかに超える
53人の方々が集まってくださいました。またそれにより多くの方には、当日の占星術
ワンポイント・リーディングができず、郵送になり大変ご迷惑をお掛けしましたことを、
この場を借りてお詫び申し上げます。

内容は『運命は変えられる』というテーマを中心に、三岬奈央の1時間レクチャーと、
中田恭子さんによるミニコンサート、そしてワンポイント・リーディングでした。

アンケートによると、皆さんからは「次回も参加したい」「レクチャーが非常にために
なった」「インド占星術に興味津々」などの嬉しいご感想をいただいています。今後は
レクチャーとワンポイント・リーディングを午後、夜とに分けて行なう予定ですので、
次回もどうぞお楽しみに。

※ 当日会場にてワンポイント・リーディングを受けられず、郵送をご希望されている
方でまだ結果が届いてない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。

三岬の今後の予定は、8月は日本に滞在していますので、占星術リーディングご希望の
方の予約を、随時お受けしております。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ギビング・ハンズ ~ホットなプロジェクトご紹介~◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★精神的障がいの若者へのユニークなカウンセリング療法本 出版★

南インドのITの街 バンガロールにあるカウンセリング・センター アートゥマ・
シャクティ・ヴィディヤーラヤ(ASV)のディレクターであるファーザー ハンク・
ナン氏が培った、30年間のユニークなカウンセリング療法のメソッドを、本として
残す出版プロジェクトを開始しました。それには本を書くためにハンク氏の仕事の負担
を軽減することが必要です。以下が、センターからのリクエストです。

☆出版にあたり☆
ここでのセラピーは大変ユニークです。言い換えれば、コミュニティー(ファミリー)療法
といったところです。海外からも多くの訪問者やボランティアが集まり、このアプローチ
を学んでいます。このアプローチに関する本を書けば教授や学生はもちろん、トラウマや
精神障がいをもつ人々の助けになりたいすべての人に有用な資料となるでしょう。この本
の制作にむけては、科学的に原稿を書かなければなりません。この作業にはASVディレ
クターをリーダーに置いて、チームを編成いたします。

☆秘書の必要性☆
ASVのディレクター ハンク氏は、常に患者たちと一緒に生活しています。彼の部屋のドアはいつも

開放されており、常に誰にでも応対可能な状態です。ほとんどの患者にアドバイスを与えるなど、ユ

ニークなセラピーも行なっています。

 

さらに彼は外来患者にも治療を行ないます。彼には豊富な経験がありアプローチの方法も独特です。

それを書き留めて記録しておくことは、次の世代にとって大きく役立つことでしょう。しかし彼の負担は

大きく、その負担を軽減するためにも彼には秘書か、もしくは有能な人材が必要です。

 

つまり、わたしたちには彼への電話、メールに答えることのできる人、さらに重要なことは彼のナレーションを

コンピューターに記録することのできる人が、事務職員として必要となっています。


バンガロール ASV事務局より
-------------------------------------------------------------------------------


このようなセンターからのリクエストに応えるべく、ギビング・ハンズではすでに出版にあたる全費用の支援を

しております。そして向こう半年分の秘書を雇う報酬にあたる金額分も寄付済みです。

さらに、今後の継続した支援を続けるためには、多くの皆様方のご協力が必要となります。

現在日本においても、若者の精神的不安定によるさまざまな弊害が社会的問題になっているのは、毎日の

ニュースで誰もが認識できることと思います。

しかし、日本ではこのような問題に対する画期的な方法を見出すことが容易でないのが現実です。従来のやり

方である、過剰な投薬による対処法に疑問を感じられている方も少なくありません。ASVでは、このような投薬

による治療法に全面的に依存するのではなく、人間として本来あるべき姿に焦点をおいた療法を取り入れること

により、患者たちは目を見張るほどの回復を得ています。

ギビング・ハンズでは、今後このメソッドを日本でも取り入れ、実際に使っていくことが、このプロジェクトの最大

の目的です。

※ASVに関しての詳しい内容は、ギビング・ハンズのWebサイトでご確認ください。
http://giving-hands.jp/
このプロジェクトにご関心のある方は、是非、ご協力をお願いいたします。
ご連絡、心よりお待ち申し上げます。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】代表 ~今回の渡印報告~ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ナマスカ!
星の国 インドからのお知らせです。

6月21日から8月10日あたりまで、火星が獅子座に入り土星と同室になっています。

土星・火星のコンビネーションは、『破壊、突発的出来事、地震、争い、嫌悪』など様々
な障害をもたらします。

各人のホロスコープにより、どのようなテーマに影響するかは異なりますし、日頃から
土星や火星をうまく使いこなしているかにもよりますが、少なくともこの期間は、心身
ともに不安定になるようです。

いずれにせよ、この2つの惑星のタイトな接近は今月11日前後で過ぎましたが、まだ
7月一杯は影響ありそうなので、くれぐれも慎重にお過ごしください。

ご参考までに、この時期の対処法は、ギビング・ハンズのブログにてアップしております。
http://givinghands.at.webry.info/

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】◆こちらギビング・ハンズ事務局より◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~翻訳 その他ご協力できる方、募集中!!~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1) 翻訳者 募集

ギビング・ハンズで常に一番力をいれている支援活動として、継続的に子どもたちを
応援する『チャイルド・サポーティング』があります。この活動では、定期的に現地
施設からの報告と子どもたちの手紙が英語で届きます。これを日本語に訳していただく
翻訳者は、重要なセヴァ(お手伝い)としてご活躍いただいています。それほど高度な
英語力を必要としませんので、“我こそは”と思われる方は、今までのサンプルを参照
いただいた上で出来そうな場合は、ふるってご登録をお待ちしております。
詳しくは info@giving-hands.jp まで、お問い合わせください。

 

2)現地法人用 中古ノート・パソコン 大募集

ギビング・ハンズ インド法人のオフィス(協力者の自宅)で使用するパソコンが
不足しております。ディスク・トップでもいいのですが、日本から持参するためノート
パソコンを募集いたします。スペックは最低CPU 500 MHz 以上 メモリ 256 MB 以上
ハードディスク 1.5GB以上の空き容量であれば、どのメーカーでも、どんなに古い型
でも構いません。

 

3)イベント セヴァ(お手伝い) 募集 

日本国内にて行なうイベントに際し、お手伝いしてくださる方を募集いたします。
イベント前の準備(資料作成等)、当日の作業(受付け・ご案内等)、後片付け等です。
次回のイベントは、グローバルフェスタJAPAN 2008での出展を予定しております。
開催日は10月4日(土)・5日(日)。場所は日比谷公園にて、2~3万人の人出が
予想されます。詳しくは追ってメルマガ、HPなどでお知らせいたします。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。
代表の次回の渡印は10月以降となります。

 

それでは次回のメルマガvol.2でお会いしましょう。